「今、一番欲しいものはなんですか?」

そう聞かれたら、
あなたはなんて答えますか?

最近、私はこの問いに対する自分や周りの人たちの回答に
大きな異変を感じています。

 

 

たとえば、

10年、20年前に同じ質問をすると、
多くの人が、
「リビングにこんなソファーが欲しい」とか、

「新作のバッグが欲しい」とか、

「新車の車が欲しい」など、

 

ほぼ即答で

「欲しいもの」=「物質的なモノ」

をあげていました。

 

 

ところが今は、「欲しいもの」を聞いても

「モノ」じゃない答えが返ってくることがとても多いのです。

 

 

たとえば、

「健康」
「時間」
「心許せる仲間」
「のんびりゆとりのある暮らし」
「生きがいを感じる仕事」

などなど。
この回答から、

たったこの数年でずいぶんと私たち日本人の意識が
変わってきたことに気づかされます。

 

 

物質的なモノから幸福感を得ていた時代に
終わりが近づいていることを感じずにはいられません。

 

 

私たちはこれまで「物質的豊かさ」を求めて
一生懸命に働いてきたワケですが、

 

今、自分が求めているものを得ようとすると、

どうしても、これまでの働き方が

マッチしなくなってくるのは当然のことで

本当に今、時代が大きく動いていることを感じざるをえません。

 

 

じゃあ「本当の豊かさ」って一体なんだろう?

 

世界には、こんなことにいち早く気づき、
国をあげて制度を整え、
今や『世界一、女性が幸せに暮らす国』
と称される国があります。

 

それが『デンマーク』です。

===================
そうだ!デンマークに行こう!
===================

とにかく女性が輝くための『環境』が
整っているのがデンマークなんだそうです。

 

聞けば聞くほど魅力的な国で

「今、日本の女性が求めているライフスタイルや、
意識の在り方がここにある!!」

私のそんな直感がとまらなくなり、
それを現地に行って確かめてくることにしました!!

 

だって自分の目で見て
確かめたいじゃないですか、
「世界一幸せな国の実態」を!!

 

 

ということで、

次からは幸せ大国のレポートをしていきます!

 

お楽しみに!