春はスタートの時期。

新しいことをはじめる人や
今までと生活環境が変わる人も多いと思います!

・新しい仕事に就く
・引越しをする
・職場復帰する
・習い事をはじめる

などなど。

 
なかには
「これからなにかはじめたい!」
という人もいるでしょう。

 
今日は

これから新たなお仕事をはじめようとする人や、

いずれ今の仕事をやめて、
新たな仕事を見つけたいという人のために
 

「女性の幸せな働き方」
について考えてみたいと思います。

  

 
「女性の幸せな働き方」を見つけるために
一番大切なことはなにか?

 
 
それは
「自分に合った仕事を選ぶこと」
です。

 

人の能力って
それぞれ違う。

絶対に向き・不向きって
ありますからね💧
 
 
Aさんがある仕事でうまくいったからといって
Bさんが同じことをしてうまくとは限らない。
 
 

それを知らないまま、
なんとなく条件や待遇面にひかれて

自分に向いてない仕事に就いてしまうと
なにが起きるのか?
  

がんばっても成果がでない

やっていて楽しくない

仕事が苦痛

ストレスが溜まる一方

家族に八つ当たり

 
という具合に
負の連鎖へ一直線。。。
 

「自分の幸せのため」
「家族の幸せのため」に
はじめたはずの仕事。
 
 

それなのに、
どっちにもマイナスなってしまうなんて、
本末転倒…💦
 

でもね、
逆に

自分の好きなこと、
得意なことを仕事にすると
どうだろう?
 
 
 

がんばらなくても成果が出る!
(好きだからがんばってるつもりがない)

成果が出るから仕事が楽しい!
(もはや「趣味=仕事」の感覚)

仕事がストレス発散になる
(これがやりがいってヤツです)

家族にもご機嫌でいられる

と、
なるわけです。

 

もちろん、
好きなことで仕事をしても
全部が楽しいだけじゃなくて
大変な時だって
もちろんあります。 
 

私は3年前に
自分の事業を立ち上げましたが

正直、
大変な時は何度も何度もありましたし、

今だってこれからだって
それはあり続けると思う。
 
 
 

でもね、
そこに「ガマン」がないだけで 
 
大変なことはあっても、
それが苦痛にはならないのです。
 
 
 
 
以前は
私にとっての仕事って
 

「仕事=消耗する」
「消耗したことの代償=お給料」

だと思っていました。
 

でも、
それだと人生の大半の時間を
仕事(ガマン&消耗の時間)に費やしていることに気づいて、 
 
 
「私の人生って、
 こうやって終わっちゃうの?」
 
って、
なんだかやるせない気持ちに
なりました。。。
 
 

今は、
自分の好きなことや関心のあることを深めて、
それを人に伝えることで
仕事として報酬をいただけるようになったので、
 
  
好きなことを深めれば深めるほど、

「人から感謝されながら、
 お金をいただける」

という、

以前の私の価値観からは
考えられないような状況にいます。
 
 
 

「こんな世界があるんだ!」
ってことを知ってから、
私の人生は大きく変わりました✨

 

もともと女性って
誰から言われるもなく、
「勝手に自分を縛りつける」傾向があるんです。
 
 

さらに、
結婚をして、子どもを産んだ途端、

「自分の世界」を
「家庭と子どもが中心の世界」に置き換えて
 
 
無意識のうちに、
「自分の人生」じゃなくて、
「家族のための人生」を歩みはじめます。
 

  

これが悪いことだと
言いたいわけじゃなくてね、
 
 
もちろん、
そういう人生を選ぶのは
その人の自由。
 
  
ただし、
それが
「自分が望んで選んだ」
のであれば!!!
 
 
 
子どもはいずれ必ず親から離れていくもので
育児には必ず終わりがくる。
  

家族や家庭というのは
年月とともに形を変えていく。
 
  
「ずっとこのまま」なんてありえない。
   

 
だから、
仕事うんぬんではなく、

 
女性が家庭以外に
「自分の世界」を持つことは
大事なことだと思う。
 
 
 
今どき、そう多くはないと思うけど
女を家に閉じ込めようとする男は、
「罪深い」とすら思ってしまう。
  
 

むしろ、
夫は妻にもっと外に出て
自分の世界を広げることをすすめ、

  
「家庭はあなたを縛ってなんかいない!!」
ということを、

気づかせてあげるくらいの
器の大きさを見せることで
  

夫は妻からの圧倒的な信頼と愛情を尊敬を
手にすることができる!
 
 
 

独身時代は
「結婚は人生の墓場」
だと信じて疑わなかった私ですが、
 
 
いざ結婚してみたら、
独身の時には想像もつかなかったような
「圧倒的に自由」な暮らしをしています。

  

行きたいときに
行きたい場所に行き、
 
会いたい時に
会いたい人に会い、

食べたいものを
食べたい時に
食べたいだけ食べています(笑)
  
 
 
家事や育児も
別に私だけがしなくてもいい。
 
 
私がやりたくない時は
やらなくても
代わりにやってくれる人はいるわけで
家庭はちゃんと回る。
 
 

こういう話をすると、

「我が家では、絶対にムリ〜!」
という女性が
日本にはホントに多いですねーーー。。。
  
 
まさにこれが
「自分を縛っている状態」なんだよ!
 

旦那さんがまったく家事や育児に
参加してくれないってお宅も多いけど、

その多くは
「言ってもムダだから・・・」と、
奥さんが諦めてしまってるだけ。
 
 
 
個人的な意見としては
家庭生活ってホントに長いわけで

これから先、
家庭というものを自分にとって
幸せな場所にしていきたいと思うなら、

 
「諦めてる場合じゃねーよ!!」
って思う。

 

「相手が聞いてくれない・・・」
じゃなくて、
 
どう伝えたら
自分の気持ちが伝わるのか?
 
自分はどんな家庭にしたくて
旦那さんとはどんな関係でいたいのか?

 
逃げずに旦那さんと向き合わないとね。
 
 
これから先、
何十年と一緒に過ごすつもりなら
そこは避けて通れない。。。

 
  

じゃあ、
どうしたら自分の望みを
旦那さんに受けれてもらえるのか?

  
 
私、
実際にこの何年で
何回、旦那さんとぶつかったかわからない。
 
 
「お前の言ってることが全然理解できない」と
何度も言われたし、
 
「自分の都合ばかり押し付けるな」とも
何度も言われました。

 
 
でも、
今は旦那さんの話を友人にすると

「あなたの旦那は神だね!!」
と言われるんです。笑

 
うちの旦那さんの今の口癖は

「あなたは自由じゃないと、
 あなたじゃない」
とか、   
 
 
「あなたが楽しいなら
 なにをしてもOK!」。
 
 
 
そのうち、
浮気にも「OK!」が出たら
どうしようと心配になるくらい、
私を縛ってくれないし、
   
 
私が自分を縛ろうとすると
「なぜガマンするの?
 やりなよ!」
と背中を押してくれます。
 
 
ホント、
神でしょ?
 

こんな関係になるまでに
どんなことを夫婦で乗り越えてきたか?
 
 
次の記事では
そんなことを
書いてみたいと思います。

 
お楽しみにー。