b9d5d2b636ddff25ac06c6fafcbefb70_s

日焼け止めクリームって、どうやって選んでますか?
私は正直、

「SPF30とかSPF50とか、なんだかよく分からないけど数字の大きい方が効果あるんでしょ?」
「PA+とかPA+++とか、よく分からないけどいっぱい+がある方が効果あるんでしょ?」

と安易に選んでおりました。

 

 

でも最近、数値が大きいものは肌に負担があるとか、ちゃんと自分の肌に合ってるものを選んだ方が良いってよく聞きませんか?

そんな言われても、SPFとかPAとかがなんなのかがよく分からないと選べないですよね。

そもそも、日焼け止めクリームって、どうやって紫外線をカットしてくれてるの?

お世話になってるわりには、意外と知らなかったりしますよね。

SPFとかPAって何?

2b34b16995450d2701171c1d80e09460_s

紫外線には波長の長さによって、A波・B波・C波があります。
そのうち地上に届くのが、A波とB波です。
最近はオゾン層がこのまま破壊されるとC波まで地上に届くようになるかもしれない、という説もありますが、今のところA波とB波です。

 

そして、A波をカットするのがPAです。
A波は、肌を黒くする紫外線です。
一番波長が長い紫外線で、肌の奥まで届いて、シワ・たるみなど肌を老化させるものなのです。

 

しかも雲や窓ガラスを通り抜けやすく、B波の20倍以上も地上に届いているらしいので、曇りの日や日当たりのよい家の中でも気をつけたいですね。

 

 

PAのあとに表示されてる『+』の意味は、
『PA++++』 極めて高い効果がある
『PA+++』  非常に効果がある
『PA++』  かなり効果がある
『PA+』   効果がある

 

 

そしてB波をカットしてくれるのが、SPFです。
B波は肌の表面を赤くする紫外線です。
シミやそばかすなどの原因になります。

 

 

人が直射日光に当たって、肌が赤くなり始めるのは、だいたい20分くらいなのだそうです。
この20分を1単位として表示されているのが、SPFなんです。

SPF10となっていたら、1単位20分が10、つまり20分×10=200分=3時間20分。
なので、直射日光に当たっても、肌が赤くなり始めるのをだいたい3時間20分くらい遅らせるよ、という意味なのです。

 

SPF20なら6時間40分、SPF30で10時間!

 

数字の大きさが、紫外線カットの強さなのかと思っていましたけど、日焼けを遅らせる時間だったんですね。

であれば、屋内メインで過ごす日常であれば、そんなに大きな数字は必要なさそうです。

2種類の紫外線カット方法があった!

8a29bfbacf0cf40e518be95d09afcb28_s

日焼け止めクリームには2種類あったってご存知でしたか?
どうやって紫外線をカットしているのかが、それによって違うのです。

 

『紫外線吸収剤』が入っているか、『紫外線散乱剤』が入っているかによって変わってきます。

 

紫外線吸収剤は、紫外線をいったん吸収して、熱や赤外線など他のエネルギーに変えて肌の外に出すものです。

長所は、肌に塗ったときに透明感があって、塗り心地もなめらかです。UVカット率も高いです。
短所は、原料がケミカル(化学物質)なので、肌への刺激が心配されます。また、エネルギーを変化させて放出する際に、皮ふの表面で発熱したり、その化学反応で皮ふに負担を与えるためにアレルギーや肌荒れの原因にもなる恐れがあるそうです。

 

 

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を乱反射させて、紫外線をブロックするものです。

長所は、原料が「酸化チタン」や「酸化亜鉛」などの天然鉱石(ミネラル)なので、吸収剤よりも安全性が高いです。
また、吸収剤のように化学変化を起こさないので、構造が壊れにくいので効果は長持ちします。

 

短所は、紫外線カット効果を高めるために、原料をたくさん入れると塗った時にどうしても白っぽくなるようです。そして白浮きや肌のカサつきを防ぐために、最近は、ナノサイズの粉末を使用されているものもあるそうなのです。
でも、この超微粒子の粉末の量が多いと、毛穴の奥に入りやすくて、クレンジングで落ちにくくなって、肌のトラブルになることもあるそうです。

肌も守りながら紫外線から守ってくれる日焼け止め2選

では、どんな日焼け止めクリームが良いですかね?

 

私は、海や山に遊びに行く時やサッカー観戦に行く時など、長時間直射日光を当たるような時は、UVカット率の高いSPF50 PA++++をつけていこうと思います。
でも、日常は屋内にいることの方が多いので、化学反応などのない紫外線散乱剤タイプのを選びたいと思います。
でも、白っぽくなるのはイヤですよね。かと言ってナノサイズになっているのも肌荒れが心配だし・・・。

と悩んでいたところ、紫外線散乱剤タイプのもので、ナノサイズにしていなく、しかも白くならないように、薄い肌色にしてあるものを見つけちゃいました!

 

これで、今年の夏はちょっぴり楽しみです。
良かったらあなたも一緒に試してみませんか?

 

 

【ブルークレール UVラグジュアリーデイクリーム】
SPF23/PA++
http://www.cosme.net/product/product_id/10008517/top
UV下地クリームなので、一年中使えますね。
美容成分もたっぷり入っているのも嬉しいです。

 

 

【HANAオーガニック ウェアルーUV】
SPF30/PA++
http://www.hana-organic.jp/shop/0011.html
これ1本で、美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの機能があるようです。
色もピンクベージュとイエローベージュの2色から選べます。
ホホバオイルやツバキ油も入っているので、カサカサしなそうで、これも良さそうですね。

 

あなたはどっちにします?