サプリメントがグミになった!!

お菓子メーカーである「味覚糖」が販売している、“UHAグミサプリ”を皆さんはご存知ですか?

 

私は職場の上司の机の上で“ビタミンE”のグミサプリを見かけて知ったのですが、「10日分」という表示が一般的なお菓子には無いくらいで、見た目はまさにグミのパッケージそのもの。
よほど私が興味津々で、ものほしげに見ていたからか(笑)、優しい上司は2粒を分けてくれたのですが、味も薬っぽさは全く無くて、とても美味しく食べやすい!!

 

 

外見もお味も、お菓子とほどんど変わらないものの、さすがに“サプリ”と謳っているだけに、スーパーなどのお菓子売場ではお目にかかることが出来ず、通常はドラッグストアでしか販売していません。お値段もサプリの種類によってまちまちですが、10日分でだいたい300円から500円前後と普通のグミよりちょっと高いぐらい。これで「健康」が手に入るなら…と、上司のようについ手が伸びてしまいそうですよね。

 

 

でも待てよ…そもそもドラッグストア等でしか販売していない「サプリ」なのに、こんなに簡単に食べてよいものなのかしら?味覚糖のHPにも、「UHAグミサプリはお菓子でも薬でもありません。グミ状のサプリメントです」と書いてあるけれども、「サプリメント」って薬とどう違うのか気になりませんか??

えっ、サプリメントの定義がない!?

鎌田圭子3月11日(サプリ 注意点)画像1

そもそも、「サプリメント」とは何なのでしょう?

 

サプリメントは英語のsupplement(補うや追加を意味する)に由来し、通常の食事だけでは摂ることが難しいとされる栄養素などを手軽に補うための食品です。
厚生労働省の資料によれば、アメリカではDietary Supplementを「従来の食品・医薬品とは異なるカテゴリーの食品で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を含み、通常の食品と紛らわしくない形状(錠剤やカプセル等)のもの」と定義し、ヨーロッパでも、同様のものをFood supplementと定義されているそうです。

 

 

ただし、日本ではサプリメントという言葉に対して、法律的な定義はなく、一般的に「特定成分が凝縮された錠剤やカプセル形態の製品」がそれに該当すると考えられています。とはいえ、アメリカなどのように明確な定義がないため、スナック菓子や飲料までサプリメントと呼ばれるものがあるのです。その一方で、サプリメントのなかでも、ビタミンやミネラルが栄養機能食品の規格基準を満たしているものは「栄養機能」食品と表示されています。

 

 

と、日本におけるサプリメントの意味合いは正直わかりにくいところが多いものの、一つはっきりしたことがありますね。そう、サプリメントは薬ではなくて食品であるということ!このことはしっかり頭に入れておかなければですね。

なぜサプリメントが必要なの??

鎌田圭子3月11日(サプリ 注意点)画像2

サプリメントが薬でないということは、病気の治療や予防を目的としているものではないということになります。サプリメントは、身体のどこかが悪くなったから摂るものではなくて、忙しい現代にあって三食の食事をしっかり摂れなかったりと、身体に必要な栄養成分を補ったり、健康維持や増進のために用いるものなのです。

 

 

またこの時代、スーパーに行けば季節にかかわらず、豊富な種類の野菜を食べることができるようになった一方で、その野菜の栄養価が昔に比べて落ちているといわれています。加えて、パンやパスタといった食の欧米化によって、私たち日本人の腸が、栄養素を吸収しにくくなっているそうです。そのような不足等を補填し、体調を整えることをサポートしてくれるのがサプリメント!なのです。

サプリメントには注意がいっぱい!?

鎌田圭子3月11日(サプリ 注意点)画像3

そのようなサプリメントですが、純度の高いビタミンやミネラルといった栄養素をダイレクトに私たちの身体に取り込むわけですから、食品とはいえ摂取や購入するにあたっては注意が必要です。

 

◎集中してサプリメントを摂ることで拒否反応や副作用を起こすことがあるので、パッケージ等に記載されている用法をきちんと読み、守りましょう。薬との飲み合わせにも注意が必要です。

 

◎サプリメントの原材料チェックを忘れずに!!
人工香料、大豆抽出物、合成着色料といった記載があった場合、これらは化学物質で栄養素とは関係ありません。またアレルギーを引き起こす要因にもなるので要注意。
質の悪いサプリメントには、ショ糖脂肪酸エステルなどの増粘剤が含まれていて、身体に悪い影響を与えます。増粘剤は字の通り、粘り気を出すために加えられた添加物で、錠剤に使われる場合が多いので気をつけましょう。

 

◎野菜のようにサプリメントも鮮度が大切!
安いからといって大量に買わずに、新しいものを買うようにしましょう。長期間保存ができるものは、防腐剤などの栄養素以外のものが入っている可能性が大です。

 

 

おっと、注意点でビビらせてしまったかも知れませんね。質のいいものを適切に取り扱えば何も恐れることはありません。

 

 

少し前のデーターになりますが、厚生労働省が行った「国民栄養調査」においても、男性の17%、女性の23.6%がビタミン・ミネラルといったサプリメントを摂っていることがわかったりと、現代人にとってサプリメントはとても身近なモノとなってきています。

 

 

サプリメントを上手に使うことは良いことだと思うのですが、やれコエンザイムが良いだの、いやアスタキサンチンだのと世間の情報に流されず、自分には何の栄養素が足りていないかをまず十分見極めてから摂取することが大切ではないでしょうか。
サプリメントを摂っているから大丈夫ではなくて、健康だからこそサプリメントを用いる…これこそがサプリメントとうまく付き合うコツですよ~