b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9_s

毎日やっているけど上手くいかないあなたに

せっかく朝早く起きて、キレイにお化粧したのに夕方の仕事終わりには、アイメイクが汗や皮脂でにじみ、目の下が黒くなる「パンダ目」の状態になっていませんか?

しかも、しっかりビューラーでカールしたはずなのに、まっすぐになってる・・・。

あれ?こんなに私ブサイクだったの?って悲しくなりますよね。

ちょっと前の私も仕事後のブサイク面にガッカリして、寄り道して帰る予定を変更して

直帰したことがあります。

 

 

せっかく仕事が終わって、これから楽しもうってときにテンションが落ちないよう、

今回は、マスカラ上手になって1日中キレイな目を演出する方法を紹介していきます。

 

これを実践することで、あなたの目ヂカラがアップして、

さらに魅力的になること間違いナシです!!

マスカラを塗る前にやっておくとずっとキレイ

436590073d5d0e8de52509307382662d_s

みなさんは、メイクをする前に下地を塗っていると思います。

もちろん目の周りにもしっかり塗りこんでいますよね。

そのとき、まつ毛にも下地が塗られているんです。

なので、マスカラを塗る前に下地に含まれる水分や油分を取るためにティッシュで軽くまつ毛をなでてあげましょう。

そして、フェイスパウダーを目元に乗せましょう。

パウダーは余分な油分を吸収してくれる役目があります。

 

(他のアイメイクの崩れ予防にもなるので、

アイシャドーやアイラインなど、乗せる前にフェイスパウダーを乗せることをオススメします)

 

こうすることで、皮脂によるマスカラ落ちが防げます。

 

そのビューラー本当に正しく使えてる?!

6a7876cc6d894dc18339aeb04ee243e3_s

マスカラとセットで使うアイテムといえば、ビューラーです。

これの使い方、間違っていませんか?

まつ毛をつかむとき、ぎゅーって一か所を一掴みして終わりにしてたらアウトです!

 

 

ビューラーの使い方は、

しっかりまつ毛の根本から掴む

(根本をつかむコツは、鏡を正面にしたままアゴを上げて鏡を見ると上目使いの逆、下目使いになるので、まつ毛の根本が良く見えるようになります)

 

次に、まつ毛の真ん中をつかみます。

最後にまつ毛の先端をつかみます。

 

こうすることで、まつ毛のカーブを自然にしてくれます。

 

3か所つかむことで、より一層カールした状態をキープしやすくしてくれます。

 

 

ちなみにビューラーは、自分の目のカーブにあったものを使用しましょう。

おすすめはSHISEIDOのビューラーです。

日本人の目のカーブに合うように設計されているそうです。

私は高校生の頃から愛用しています。

他のモノを使っていた時は、まぶたの肉をつかんでしまったり、上手くできなかったのですが

これにしてから、失敗がなくなりました。

 

 

そして、ビューラーのゴムも弾力がないと上手くカールしてくれないので、

使用頻度にもよりますが、1~2か月に1度くらいは交換しましょう。

カール力もですが、まつ毛への負担が減ります。

また、マスカラを塗ったあとに、再度ビューラーを当てる際に

弾力がないと、マスカラがポロポロと落ちやすくなるので注意が必要です。

ほんの数秒!そのひと手間で美しさがアップする

そしていよいよマスカラを塗ります!

が、その前に。

 

マスカラを抜いて、そのまままつ毛にONしていませんか?

そのやり方だと、ダマができたりムラができてしまうのでアウトです!

 

 

まずマスカラは抜いてから、マスカラ本体の口の部分でブラシ部分をなでで、

付き過ぎた分を取りましょう。

口の部分でやりたくない方や上手くとれない方は、ティッシュで取り除いてもOKです!

 

 

これは、重ね付するときも一緒です。

 

このひと手間が、よりまつ毛の美しさを演出してくれるので

絶対やった方がいいです!!

ダマやムラができて、何度も重ね塗りしなければならなくなり、そのうちに

ひじきのようなまつ毛になってしまいます!

 

 

最近のトレンドメイクは、ナチュラルさが求められるので

一昔前のひじきまつ毛はもう古いのです。

目のインパクトはこれで決まる!マスカラはこうやって塗ろう!

マスカラを塗るときには、先ほどビューラーのところでもお伝えしたように

アゴをあげて、まつ毛の根本から塗りましょう。

根本だけかるーく横に小刻みしながら、カーブに沿って毛先に向かって塗るときれいに塗れますよ。

塗る順番は黒目の上が最初。そのあと両サイドを外に向かって塗りましょう。

まつ毛が扇状になるようなイメージです。

 

そのあと、もう一度マスカラ液を付け直し、二度塗りします。

このとき、カールが下がってきていたら、まつ毛の中間部分をもう一度軽くビューラーを当てましょう。

 

そうやって塗ると、マスカラだけでも目の印象がかなり明るく華やかになりますよ。

 

 

奥二重の方や一重の方は、目のインパクトを与えるためにも

二度塗後に再度ビューラーを軽く当て、3、4度塗って、長さ太さを出すことで、

目が大きく瞼の重さを感じさせにくくなりますよ!

マスカラで美しくなったら、あなたの見る世界が変わるかも

いかがでしたか?

普段何気なく塗っているマスカラもコツを覚えれば

印象もかなり変わりますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

しかし、この方法を実践しても落ちてしまう場合があります。

お湯で落とせるタイプのマスカラは

涙が出やすい方や、汗がダラダラと垂れて目にもかかってしまうような方、

ドライアイで頻繁に目薬を注す方は、マスカラが落ちてしまうのは仕方がないのです。

 

そんな方は、ふき取るタイプのメイク落としで、目の下を拭くか

乳液とめん棒で、目の下をふき取って、マスカラを塗り直し、目の下のメイクを直すしかありません。

 

ウォータープルーフマスカラなら、落ちにくくいので絶対メイク直しができない方には

いいと思います。

しかし、マスカラを落とすために専用の洗顔料を使わなければ、なかなかキレイに落ちないというデメリットがあります。

何度もまつ毛を擦ったりすると、まつ毛が抜けたり負担がかかるので

毎日使うのは、あまりオススメはしません。

 

自分のライフスタイルに合わせて、マスカラ選びをしてみてくださいね。

 

 

まつ毛を上向きにして、気分も上げて気分よく毎日を過ごしましょう!

まつ毛がしっかり上がっていると、視界が広くなり、遮るものがなくなることから

「真実を見つめられる」という言われもあります。

 

何かに迷ったときは、しっかりまつ毛を上げて

正しい道を歩んでいきましょう!!